セフレ募集

彼女・彼女の母親・彼女の姉と3人の親子どんぶりセックスを楽しんだ体験談

[サドガシマ]
性別[
年齢[33]
地域[茨城県]

リアルな親子丼プレイ体験告白

親子丼 セックス
特殊な夜の体験談としては、私の中で一番に思い浮かべるのが、彼女・彼女の母親・彼女の姉と3人の親子どんぶりを経験した事でしょうか。
高校を卒業してすぐに、進学の為に上京し、バイト先で知り合った同じ年の女の子と意気投合。
バイトのシフトが同じだったり、帰りの電車方面が一緒だった事もあり、たまに同じになった休日など二人で遊びに行く機会が増え、付き合う事になりました。
私は上京組で一人暮らし。
彼女は実家が東京で、一人暮らしの私の家にいつも来ていたと言う状況でした。

約2年ほどお付き合いしたくらいでしょうか、初めて彼女の実家に遊びに行く日がありました。
それは、姉が出戻りで子供を連れて実家に戻って来たから、彼氏も一緒にゴハンでも食べない?そんな酔った勢いの姉と彼女の約束があったらしく、半ば強引に実家に行く事になりました。
彼女の家は、父を早くに亡くしているらしく母子家庭でしたが、祖父が資産家で、彼女の母親は個人投資家でなかなかのやり手だったらしく、そこそこ裕福な暮らしをしていました。
初めてお会いする彼女の母親は、とても50代には見えず、すごく妖艶な雰囲気を醸し出していました。
また、彼女の姉も元人妻と言う事を微塵も感じさせない、やはり親子なんだな・・・と言ったように、とてもスタイル抜群のエロさを出していました。
それに比べ、彼女はどっちかと言うと可愛い系の貧乳元気娘。
この三人が親子と言うのは、ちょっとデコボコで面白いなーなんて感じていました。
この日は特に、これと言って何もなかったのですが、私が物凄く株式投資に興味があり、彼女の母親と仲良くなるのにそう時間はかかりませんでした。

それからしばらくは、普通に彼女とも大学もバイトも充実してたかと言われたら分かりませんが、それなりに過ごしていました。
彼女は服飾の専門学生で来年卒業の為、卒業制作や就活に忙しく、私は大学2年でどっちかと言うとヒマ人・・・
そんな生活パターンのせいか、ちょっとだけすれ違いも出て来てしまい、あまり頻繁に会ってデートをすると言う事が無くなりました。

しかし、そんな中でも私は彼女の母親と頻繁に連絡を取るようになっていました。
そう、株式投資のノウハウを教えてもらうと言う目的があったからです。
メールやLINEなどで連絡をしたり、時にスカイプ等で会話をしている中で、この年上の女性と言う意識が芽生えてしまった事は言うまでもありません。
私は、何故かそんな彼女の母親に少しだけ惹かれてしまい・・・何度か食事に誘ったりもしました。
最初はなかなかOKをしてもらえませんでしたが、何度も説得し、株式投資の情報交換にも、私の情報が彼女の母親にとってメリットがあるものになって来た頃、ようやく食事をする機会を得る事が出来ました。

この頃、ほとんど彼女とは会う事も無く、既に彼女の母親へのアプローチが止まらない。そんな状態でした。
もちろん、男女の関係になるのはあっと言う間でした。
私は、今まで彼女しか経験が無かった上に、お互い初体験同士・・・ノーマル過ぎるセックスにほぼほぼ飽きてしまい、彼女の母親の大人のテクニックにハマってしまったのでした。

して、そんな関係を続けている中・・・彼女が無事専門学校を卒業し、家で食事会をしよう。と誘われた事がありました。
しかも彼女は、ようやく私とゆっくり生活が出来ると言ってくれ、その日はまさかの実家に泊まって欲しいと言う話になっていました。
私も久しぶりに彼女との夜を楽しみにしており、快く承諾しました。
その日の食事会は楽しく過ごし、彼女の母親もまったく私たちの関係の素振りも見せない徹底ぶりに、私もシッカリ合わせる事が出来ました。

しかし・・・コレが悪夢の始まりだとは、この時は思いもよりませんでした・・・

※ここからはかなりディープな親子どんぶり経験です。
私の特殊な夜の体験談、またこんな事が起きたらいいなといつも期待しております。

サドガシマ的、アブノーマルプレイを楽しむ方法

刺激的な・・・と言う点を考えると、やはりアブノーマルなプレイを想像してもいいでしょう。
一般的に、アブノーマルと言われるモノには、好き嫌いがあると思います。
その為、自分に合わないスタイルも存在しますので、出来るだけパートナーと相談しながら、『二人で楽しめるプレイ』を追求するのがいいでしょう。
例えば、マンネリを防ぐ為に、地方のラブホテルをリサーチして、日帰り温泉気分を味わうなど、ソフトなところから、専門店等でスワップやハードなSMを体験するのも良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>