セフレ募集

メンヘラ女性の特徴を見抜く、オタクでもセフレ化できる理由

 

メンヘラ女性がセフレ化しやすい理由

メンヘラ セフレ
大抵の男性はセフレが欲しいという野望をお持ちだと思うが、セフレ化しやすい女性には特徴がある。
出会い系サイトを利用していて良く思うのは、何かしらの依存や特徴的な性格を持つような女性に出会う事がけっこう多いのである。

もう5年以上昔の話になるが、私が実際に出会った女性の中には精神疾患を患って休職中の高校教師がいた。

当時はまだ私も若かったこともあると思うが、精神疾患を患っており、しかもそれが理由で休職している人を見たのが初めてだったため、当初は非常に身構えてしまっていた。

しかし、実際に出会ってみると、さすがに教師といった感じでしっかりとした服装で話す内容も変な感じではなかったため、思ったよりも普通だなぁという印象だった。

もともとはメル友と遊び友達募集という事で2人で会うようになったのだが、何度か会っている内に一緒に飲みに行ったりして、嬉しいことに向こうから誘ってきたこともあって会った時はホテルへ行くような関係になった。

そんな関係になって少し経った頃から私の元へひっきりなしにメールが来るようになり、少しでも返信が遅くなったりすると激高したり、急に落ち込んだりと気持ちの浮き沈みが非常に激しい面が出てきて危ないと思うようになったため、せっかくできたセフレだったが分かれることにした。

また、最近は高校を中退したフリーターの女性と出会う事ができたのだが、その女性もメル友と遊びに行く友達が欲しいという事で出会うことが出来、見た目がロリ系で大人しい感じの印象だった。

何回か会って話を聞いている内に分かったのだが、どうやら家庭に問題があったらしく笑った表情も少しぎこちない感じで、訳ありな匂いがぷんぷんしていた。しかし、女性の方からホテルへ誘って来たり、大人しい見た目と裏腹にホテルへ入った後はかなり大胆な感じだったりしたため、私の欲望の天秤は迷わずセフレへ傾いた。そんか感じで今もその女性とは関係が続いている。

私が出会い系サイトで経験したことからすると、ルックスがきれいな女性やかわいい女性は男が自然と寄ってくるし、何より自分からアプローチすれば目当ての男を落とせるという自信もあるからか、かなりの確率でそっけない態度をとってくる。しかし、何かしら自分の中に問題を抱えている女性は誰かに頼りたい、誰かからか必要としてほしいという気持ちが非常に強い印象を受けるため、一度出会えさえすればそのまま継続して関係を持ち続けられる確率が非常に高い。

出会い系サイトでメンヘラを探し男の夢セフレにする

メンヘラ 出会い系サイト
男性であれば誰もが抱いているセフレゲットの夢を出会い系サイトを利用すれば高確率で実現してしまう現代は、私のような人間にとってありがたい便利な世の中だ。

オタクのメンヘラ、キラキラ系リア充のメンヘラの違い

 出会い系サイトを利用していると、現実社会ではあまり接点を持てないようないろいろなタイプの女性と出会う事ができる。

そういった女性と出会えることが出来るのも、出会い系サイトの一つの楽しみでもあると思う。

女性の中でも私のように現実社会であまり異性との接点を持つことが出来ずに登録している方も珍しくは無い。
サイトのプロフィールや掲示板を徘徊していると、印象そのままのオタク系の女性からかなり男からモテそうなリア充系の女性まで男性を募集している女性はけっこう多い。

オタク系の女性については、やはり現実社会で自分と同じ趣味の相手を探すことが難しいのか、やたらと自分の好きなアニメやゲームのアピールが凄いし、自分と同じアニメやゲームを好きなことが前提として男性を探している傾向が強い。

私はたまにアニメを見たりゲームをしたりしているため、普通の方よりも若干の知識はあると自分では思っていたのもあってオタク系の女性にメールを送ったことがあったが、メールでは普通に話せる感じを受けたのもあって実際に会ってみたところ、その女性は自分から話し出すことが一切なく、直ぐに話が止まってしまう感じだった。

何とか話して貰おうといろいろと質問しまくったのだが、現実社会ではコミュニケーションに難ありのため、それ以来私はオタク系にメールするのは慎重になった。
また、オタク系とは対照的なのが、自分の顔写真や全身が写っているような写真を惜しみもなく出会い系サイトで公開しているモテそうなリア充系の女性である。

そんな女性は現実社会でも男性に困ってないと思われるが、出会い系サイトを利用するからには何か理由があるはずだと思ってメールしてみところ、まず感じたことはメールが凄く素っ気ないことである。

どちらかというとオタク系の女子の方がネット世界だと元気なイメージがある。しかし、男は正直なもので可愛い女性には何としてでもものにしたという気持ちが強くなる。

私のようなモテない男からしてみると少々苦手意識が捨てきれないのだが、出会い系サイトを利用している女性からするとあまり関係ないようだ。しかし、リア充系の女性は実際に会ってみると、自分中心という感じの女性が多い。

男の事は二の次というか、自分のために何かしてくれるのは当たり前のように思っている。恐らくこれは推測なのだが、リア充系の女性は当然ながら現実社会でも男からチヤホヤされているため、かなり自分に自信があり、我儘に振る舞ってきたため相手にされなくなり、ネット世界へ出会いを求めて進出してきたと感じる。少々迷惑な話である。

出会い系サイトで実際に会ったオタク系とリア充系では全く逆の印象を受けるが、どちらも男を求めて出会い系サイトへ登録したという事実に変わりはない。

最終的には自分の好みの問題になってしまうと思うが、少なくともアプローチさえすれば出会う事は可能であり、そういった影の部分を少々持つ女性はセフレ化しやすい傾向もあるため、出会い系の楽しみ方の一つとして手を伸ばしてみても良いかもしれない。

メンヘラ女性が多くいる場所は?SNS?オンラインゲーム、その他?

女性が出会い系サイトで利用している機能

 出会い系サイトでは掲示板や日記、ゲームや写メコンといったように、サイトによっていろいろなツールを用意している。こういったツールを自分でも利用することで女性と出会える確率は格段にアップするのだが、女性についてもツールを利用している割合は高い。

 ゲームや写メコンについては、上位にランクインするとポイントが貰えたりするため、これらを利用している女性は出会いを求めている女性というよりも、暇つぶしや趣味を目的として利用しているという印象が強い。

写メコンへ良く参加している女性については、メールを送っても全く反応が無いというパターンしか私は経験したことが無いのだが、恐らく自分の写真をネットに堂々と見せることが出来るような女性なので、自分にとても自信があり、自分と釣り合うようなイケメンにしか反応しないのではないかと個人的には思っている。というよりも、そう思いたい。

私がPCMAXでは日記を良く利用していて思うのは、日記を書いた際は自分のプロフィールを見た女性の数が急激に上昇したり、日記へのコメントが意外と多いということだ。このことから出会い系サイトを利用する女性がSNS系の機能を良く使っていることが伺える。

女性のプロフィールをいろいろと見ていても、日記を書いている女性が多く見受けられ、日記の閲覧については無料のため私は良く女性を物色する前に情報収集として女性の日記を読んでいる。

SNS系のツールに記載されている内容としては、日常のたわいもないことや感じたことを適当に書いている女性がほとんどだが、中には自分が毎日の生活で感じた不満や溜まった鬱憤を正直に書いている内容があったりと、ドン引きするようなものも少なくない。

この手の女性は誰かに相手にされたいという思いや、誰かから必要とされたいという思いが強い傾向にあるため、コメントを書き込まれたりメールを受信することにすごく執着している。

こういう女性については、現実社会ではなかなか他人とのコミュニケーションに難ありなメンヘラ系の女性な確率が非常に高い。

恐らく現実社会での孤立感のようなものを出会い系サイトで発散しているのではと思える。

いくつもの出会い系サイトでもSNSのような機能が準備されており、小まめに準備していれば女性と出会うための有力な情報となり得るが、そういったネット世界特有のコミュニケーションの場では、正確に特徴がある女性も多いため女性選びには注意も必要だ。

メンヘラをセフレ化するための3つの攻略法

セフレをゲットするまで

 私のようなモテない男にとってセフレとは夢のまた夢だと思っているだろう。私も当然ながらそう思っていた一人だ。
 出会い系サイトを利用していてイケメンにとってはセフレとは全く興味が出ない話だと感じるようになった。

なぜかというと彼女を頻繁に取替え引換えしているようなイケメンは女性に困ることがないからだ。

セフレとは私のようなブサ男がもっている夢を体現したような言葉であり、出会い系サイトを利用できる現代はその夢を実現できる世界だと私は感じている。

 男性の中でも好みの女性や魅力的な女性は分かれるが、恐らく全員に共通しているのがルックスが綺麗だったりかわいかったりすることではないだろうか。

私のようなモテないブサ男は毎日感じていることなのだが、現実世界における出会いはルックスが非常に重要だ。

出会い系サイトの世界でもプロフィールにかっこいい写真、かわいい写真、きれいな写真があるだけメールの受信件数が大幅に変化する。
しかし、これでは現実世界と何も変わらないため私のようなブサ男はどこへ行っても女性と出会う事ができない。

出会い系サイトを利用し始めたばかりの頃はこれにとても頭を悩まされたのを思い出すが、出会い系サイトを利用している内にあることに気がついた。
それは、SNS系の機能を小まめに利用していれば、女性からの信頼会を得ることが出来るということだ。

 出会い系サイトはネット上での出会いであり、実際に会ったこともない男性と女性が利用しているため、女性からしてみれば絶対に怖いという感情が捨てきれない。大部分の女性が男性を選ぶ基準に必ず入っているのが、その人は信用できるかどうかという信頼感だ。

この信頼感はどのように判断しているかというとSNS系の利用状況をみている女性が非常に多い。

実際に私が出会う事が出来た女性から聞いた話だと、SNS系にいろいろなことを投稿してあると、その人を分かったような気がして安心感が生まれるというのがあった。小まめに投稿さえしていれば、それだけで出会える確率が上がるのは非常にありがたい。

しかし、ここで注意したいのがSNS系を利用している女性はサイト内で目立ちたいという気持ちや誰かに相手にしてほしいという欲求が大きいメンヘラ率が高いということだ。

これについては以前メンヘラな女性はセフレになりやすいという事を書いたが、自分もSNS系を利用することで女性からの信用をある程度得ることができ、そのことを実践できる状況になる。

あとはメールで女性と話して会う約束を取り付けるだけだが、メンヘラの場合は誰かに必要とされたい思いが強いため特に難しくはない。

 自分も小まめにSNS系を利用して女性からの信頼を得やすい状況を作り、女性を選ぶ際もSNS系の利用履歴を見れば出会う事が出来る確率はアップする。

しかもメンヘラだった場合はメールでのやり取りさえ継続して会う事さえできれば、そのままセフレになる確率は非常に高くなる。
まずは先を見据えてSNS系の利用を始めてみては如何だろうか。

メンヘラセフレの注意事項メンテナンス

 出会い系ではメンヘラ女性がセフレになる確率が高いと紹介したが、男性としての夢であるセフレを手に入れて喜んでばかりはいられない。

そうした女性と付き合っていくには少しばかり注意が必要と感じる。
 メンヘラ女性は誰かに相手にして欲しいという思いや誰かに必要にされたいという思いが比較的に強い女性が多い。

このことが幸いしてセフレになる確率が高くなっているのだが、セフレをゲットできた嬉しい気持ちを少し押さえて冷静になってから少し考えてみると、そういう女性をこれから相手にしていくことになるためなかなか覚悟が必要な気がしてくる。

暴走メンヘラにしないための方法

 恐らく男性の誰もがそうだと思うが、セフレと出会うことが出来た最初の頃は喜びの方が断トツで気持ちの大半を占めているため、相手がメンヘラだろうがなんだろうが何とか出来てしまう。

しかし、少し時間が経過するとメンヘラ女性からのしつこい程のメールなどによるかまって攻撃に驚くことになる。

基本的に私もそうだが、男性の大部分は面倒くさいことが嫌だと思うので、ここで女性の相手をすることに疲れ果て、無視などの行動へ移ってしまいがちだ。だが、もともとメンヘラ女性は何かしらの闇を抱えている事が非常に多いため、そうしてしまうと相手の女性の心についた火に油を注ぐ結果となってしまう。

メンヘラセフレとの付き合い方

 メンヘラ女性を一度暴走させてしまうと、いろいろ話を聞いたり私が実際に経験したことから大きく分けて実力行使に出てくるパターンと完全無視されるパターンに分けることができる。

幸いにも私は実力行使に出てこられたパターンが無いのだが、出会い系サイトには何かしらのSNS系の機能が備わっているため、完全無視されたとしてもそういった機能にあること無いこと書かれてしまったり、何かしらのダメージは受けることになってします。

一番大変なのは実力行使に出てこられるパターンだが、私が聞いた話では相手にされなくなった腹いせに職場まで押しかけてきて暴れまわったという強者もいるらしい。ここまでになってしまうと現実社会にまでダメージを負ってしまうため相当な痛手だ。

 出会い系サイトを利用すればセフレをゲットするという夢を叶えることはできるが、出会った女性も自分と同じ感情を持った人間である。ネットでの出会いはそのことを忘れがちとなってしまうため、さらにセフレになりやすい女性は心に闇を抱えたメンヘラということも重なり、相手女性の暴走行動へと繋がってしまう可能性も秘めている。

相手の暴走行為を防ぐためにも、きちんとしたコミュニケーションと最低限の愛情を持つことが重要だ。

セフレという夢を見続ける事を考えると私的には安いものだと感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>